阿賀川阿賀野川

阿賀川・阿賀野川のあらまし

2018.07.18

阿賀野川水系は栃木・福島県境にまたがる荒海山(標高1,580m)を源流とする延長210kmの河川で、福島県内では阿賀川と呼ばれ、新潟県に入ると阿賀野川と呼ばれています。古くから新潟と会津を結ぶ物資の輸送路として大切にされ、明治に入ってから新潟県に帰属した津川(阿賀町)は江戸時代には会津藩の重要な港として栄えました。流域は豪雪地帯で、長さが全国10位にも関わらず年間流量は信濃川に次いで2位と流量が多いのが特徴で、かつてはこのため洪水が多く発生しましたが、水質がきれいなことでも知られています。

長さ 210kmー全国第10位
流域面積 7,710㎢ー全国第8位
流域人口 およそ56万人
源流 荒海山(標高1,580m)
年間流量 14.2㎦ー全国第2位

阿賀野川水系 源流から河口まで

源流から南会津の山並みを抜けて会津盆地に入ると、江戸時代の初めから全国有数の豊かな稲作地帯として知られた穀倉地帯をうるおし、猪苗代湖を源流とする日橋川を始め周囲の1,000m級の山々から流れ出た水を集めます。盆地から山間部に入ると群馬・福島県にまたがる尾瀬沼(標高1,660m)を源流とする只見川と合流。ここから山間部を激しく蛇行して新潟県に入り、江戸時代には会津藩の重要な港だった津川に至ります。津川には川沿いに船をつないだ跡や荷揚げされた場所が今も残っています。

 

福島、新潟県境の山々では江戸時代から鉱山開発が行われ、明治以降草倉銅山を始めとする多くの鉱山が物資輸送を阿賀野川に頼っていました。豊かな水量は発電用に注目され、製造過程で大量の電力を必要とする工場も集まってきました。その中の1つが新潟水俣病の発生源となった昭和電工株式会社鹿瀬工場です。ここから阿賀野川に流された工場排水によって下流の魚がメチル水銀に汚染され、それを食べた沿岸に住む人々の間で水俣病が発生しました。初めて発生が確認されたのは1965(昭和40年)のことでした。

 

山間部を抜けると五泉市で早出川と合流。平野部では信濃川より川幅を広げて日本海へ注ぎます。早出川はすぐに水が(川から)出てしまうというというのが名前の由来とされています。江戸時代は河口付近で信濃川と合流していましたが、1731年に新発田藩が作った堀割(一定の水量を超えた分を日本海に流す水路)が大量の雪解け水で決壊してしまい、堀割だった場所が現在の河口に変わってしまいました。かつての阿賀野川流路は現在の通船川として痕跡を残しています。

 

阿賀野川水系河川整備計画より作成

国土交通省北陸地方整備局阿賀野川河川事務所

ページの
先頭へ