教育関係者の皆さまへ

このウェブサイトの目的

このウェブサイトは新潟市から日本海へ注ぐ大河、信濃川と阿賀野川について学ぶ流域の子どもたちに、より広い視野での学びをサポートしていくことを目的としています。

 

たとえば、

 

・目の前を流れる川の、上流や下流がどうなっているのか知りたい。

・同じ川の流域の学校と学びを共有するような交流がしてみたい。

・自分たちの暮らす地域の学びを深めるために、流域から比較対象を見つけたい。

・川の終着点である河口と日本海について知りたい。

 

などのニーズに対応すべく、流域の諸々の事業体と連携、協力して情報を蓄積し、学びをサポートして参ります。ご活用いただければ幸いですが、今後サイトの充実に向けてご意見、ご要望などお寄せください。

ウェブサイト運営者について

日本財団海と日本PROJECTの助成により運営されています。

運営主体は新潟市開港150周年事業実行委員会で、事務局は新潟日報社(新潟県)に置かれ、信濃毎日新聞社(長野県)、福島民報社(福島県)と千曲川信濃川、阿賀川阿賀野川の流域3県の新聞社が連携して取り組んでいます。

著作権について

このウェブサイトコンテンツの著作権は、当プロジェクトに帰属しています。

・学習や授業等で閲覧したりプリントアウトして参考資料とする場合、申請等は不要ですが、お知らせいただけると運営の励みになります。

・管理するウェブサイトやSNS等に当サイトの記事などにリンクを掲載する場合、申請等は不要です。

・管理するウェブサイトやSNS等で当サイトの記事などを引用する場合、当サイト名もしくはURLを明記してください。

・授業等でない場で第三者に当サイトコンテンツを閲覧、あるいは配布する場合、当サイトのものである旨明記するとともに、事務局に当該コンテンツと使用目的を事前にお知らせください。

・第三者に当サイトコンテンツを有料で配布する行為は一切禁じます。

 

お問い合わせはにて承ります。

ページの
先頭へ